まだまだ記事数は少ないですが、皆さまにとって有益な記事作りを努めています。
NO IMAGE

韓国語と日本語の違いは3つだけ!ハングルの文章構造

NO IMAGE

こんにちは。コリコネのAyaKaです。

 

キムちん

韓国語を勉強したいけど初心者には難しいの?

韓国語と日本語って似てるっていうけど本当?

 

そんな疑問をこのページでは解決します。

韓国語の勉強を始めたいけれど、難しくて挫折してしまわないか不安ですよね。

ですので、韓国語を学ぶ前に韓国語と日本語の同じ点と違う点を知っておいて

その不安を解消しましょう。

では早速、시~작シ~ジャッk(スタート!)

この記事のレベル

難易度                                   2


重要度                                   4

 

スポンサーリンク

韓国語と日本語はほとんど同じ構成

 

韓国語は基本的に下記から成ります。

主語()+ 述語(動詞/形容詞/名詞

EX1)도라에몽이ドラえもongイ(S) 자요ジャヨ(V). (ドラえもんが寝ています。)

EX2)도라에몽은ドラえもongウn(S) 귀여워요グィヨウォヨ(A). (ドラえもんは可愛いです。)

EX3)도라에몽은ドラえもongウn(S) 고양이ゴヤangイ 로봇이에요ロボシイェヨ(N). (ドラえもんは猫型ロボットです。)

 

主語()+ 目的語()+ 述語(動詞/形容詞/名詞

EX1)도라에몽이ドラえもongイ(S) 단팥빵을ダnパtパangウr(O) 먹어요モゴヨ(V).(ドラえもんがどら焼きを食べます。)

EX2)도라에몽이ドラえもongイ(S) 집에서ジベソ(Ad) 만화를マヌァルr(O) 읽어요イルゴヨ(V).

   (ドラえもんが家で漫画を読みます。)

 

文の中に助詞や副詞(Ad)も入って来ますが、例文を見ていただくとお分かりの通り

日本語と文章構成が似ています。

ですので日本人にとって独学しやすい言語と言えるでしょう。

また、ハングルのフリガナですが、なるべくネイティブの音に近づけた

フリガナにしています。

韓国語には日本語にはない音があるため日本語で正しい発音を表記する

ことは不可能なのです。

発音のちょっとした違いでまったく異なった意味になってしまうことも

あります。

 

関連記事

現在一生懸命記事を作成中です。[…]

 

突然ハングルが出てきて驚かれたかもしれませんが、ここでは日本語と韓国語の構造が

似ていることが分かれば十分です。

 

韓国語と日本語 どこが違うのか

 

さきほどは日本語とほとんど同じ構成だと説明しました。

ほとんどということは違う点もあるということです。

日本語と韓国語の違い3つを説明していきます。

 

<Point 1. 韓国語は語幹の種類により語尾が変化する>

 

「語幹」と少し難しい言葉がでてきました。

韓国語の用言(動詞・形容詞・存在詞・指定詞)の基本形(辞書を引くときに表示される単語)

は語尾に「다」がついていますが、この「다」を取りのぞいた部分を語幹といいます。

下の図をご覧ください。

韓国語の語幹と活用《コリコネ》

 

例えば上の例のように丁寧語をつくるときに、この「다」がほかの言葉に変化します。

この変形のことを活用といいます。

変化する語尾は以下の語幹の3パターンによって区別されます。

 

ⅰ)語幹の影響がないパターン

ⅱ)最後の語幹の母音が「陽母音」か「陰母音」によって変化するパターン
   ★陽母音:語幹の母音が ㅗ /ㅏ 陰母音:語幹の母音がㅗ / ㅏ 以外

ⅲ)最後の語幹にパッチムがあるかないかによって変化するパターン
   ★パッチム:ハングルにおいて終音のこと。後ほど詳しく説明しています

 

 

また難しい言葉がたくさんでてきましたが、なにを言いたいかというと、

例えば日本語で「走る」の否定文をつくるとしたら

「走る」+「ない」→ 「走るない」とはなりません。「走らない」ですよね。

このように韓国語も語尾を変化させて日常で使い分けています。

ただ日本語とは違ってその変化のパターンが語幹によって左右するということです。

実際に例文を見てみましょう。

 

ⅰ)語幹の影響がないパターン

먹다モkタ(食べる)+군요グnニョ(~ですね)→먹군요モッグnニョ(食べるのですね)

가다ガダ(行く)+지만ジマ(~だが)→가지만ガジマ(行くが)

좋다チョッタ(良い)+네요ネヨ(~ですね)→좋네요チョッネヨ(良いですね)

 

ⅱ)母音によって変化するパターン

먹다モkタ(食べる)+어요オヨ(~です/ます)→먹어요モゴヨ(食べます)

가다ガダ(行く)+아요アヨ(~です/ます)→가요ガヨ(行きます)

 

ⅲ)パッチムによって変化するパターン

먹다モkタ(食べる)+습니다スmニダ(~です/ます)→먹습니다モkスmニダ(食べます)

가다ガダ(行く)+ㅂ니다mニダ(~です/ます)→갑니다ガmニダ(行きます)

 

ⅰ)はどの単語がきても語尾が変化しません。

このパターンは「ㄱ」「ㅈ」「ㄴ」で始まる語尾の場合に当てはまります。

「ㄴ」に関しては例外もあるため注意が必要です。

初心者の段階では「ㄱ」「ㅈ」の2つを押さえておけば十分です。

 

ⅱ)は母音によって語尾が変化します。

例文をご覧の通り、語尾が「아요アヨ」「어요オヨ」の2種類です。

陽母音である「가다ガダ」には「아요アヨ」、陰母音である「먹다モkタ」には「어요オヨ」と変化します。

ただし하다ハダ」がつく単語の場合は」に変化します。

「하다」が付く単語はたくさんありますので、その都度説明したいと思います。

 

ⅲ)はパッチムの有無によって変化します。

例文を参考に説明をすると語幹にすでにパッチムがある場合は「スm」、

ない場合は語幹の下に「mがつきます。

「ㅂ」「ㄹ」「ㅅ」「ㄴ」「ㅁ」で始まる5つの語尾がこれに当てはまりますが、

ⅰとⅱであげた「ㄱ」「ㅈ」「ㄴ」「」以外はこのパターンに当てはまると

考えたほうが覚えやすいと思います。

 

<Point 2. 韓国語にはパッチムがある>

 

韓国語にはパッチムといったものがあります。

パッチムとはハングルを発音したときに一番最後に発音される音のことをいいます。

ハングルのつくりは全部で6パターンあります。

その6パターンの型に子音と母音が組み合わさったものがハングルになります。

言葉で説明をしてもイメージし難いと思うので図にしてみました。

 

ハングルの構造《コリコネ》

 

区別をしやすいように2つのハングルで構成されているものをA

3つで構成されているものをB4つで構成されているものをCとグループ分けしました。

図の数字は発音をする順番を表しています。

実際にどの単語がどのグループにあてはまるのか見てみましょう。

 

ハングルの構造①《コリコネ》

EX)가게ガゲ(店) 、가수ガス(歌手)、 도서 ドソ(図書)、배구ベグ(バレーボール)など

→ 子音が「 ㄱ  ㅅ  ㄷ  ㅂ 」母音が「ㅏ ㅔ ㅜ ㅓ ㅐ 」

 

ハングルの構造②《コリコネ》

EX)발언バロn(発言)、빈손ビnソn(手ぶら)、살균サlギュn(殺菌)、グィ(耳)など

→ 子音が「ㅂ  ㅅ  ㄱ  ㅇ 」パッチムが「ㄹ  ㄴ」  母音が「ㅏ ㅓ ㅣ ㅗ  ㅠ  ㅟ」

 

ハングルの構造③《コリコネ》

EX)クォn(券、冊)、スィn(50:固有数詞)、ウォl(月:〇カ

→ 子音が「ㄱ  ㅅ  ㅇ」パッチムが「ㄴ  ㄹ」 母音が「ㅝ  ㅟ」

 

どの位置に母音がきて、どの位置に子音がくるのか詳しくは別ページにてまとめてあります。

 

 

ここではハングルには色々なかたちがあって、パッチムといった

韓国語独特の発音があるということを知っておくだけで十分です。

 

<Point. 3 韓国語は助詞にも尊敬語がある>

 

韓国語の勉強をしていくと、丁寧語や尊敬語の変形に苦労するかもしれません。

日本語では「お母さま」「お父さま」と言う時に、助詞の「が」「は」に

変化はありませんが、韓国語は違います。

目上の人に対しての助詞も尊敬語に変化します。

少しややこしいですが、丁寧語・尊敬語は韓国語の基礎の部分になるので、

ぜひマスターしたいところです。

尊敬語がきちんとできていれば韓国人に好印象を与えることもできます。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

このページのポイントをおさらいします。

 

  • 韓国語は基本的に以下の構成

 ①主語()+ 述語(動詞/形容詞/名詞

 ②主語()+ 目的語()+ 述語(動詞/形容詞/名詞

  • 日本語と似ている部分が多いので勉強しやすい
  • 日本語との違いは

 ①語幹の種類によって語尾が変化

 ②韓国語にはパッチムといった最後に発音される終音がある

 ③助詞にも尊敬語が存在する

 

いずれのポイントも実際に文法を勉強していけば身についていくものですので、

ここでは堅くかまえず、「そうなんだ~」とポイントを知っておく程度でかまいません。

実際に新しい文法と単語に触れて、問題を解いて使ったほうが確実に早く身につく方法

ですので、積極的に取り組んでいきましょう。

何事も行動しなければ実力はついてきませんので、長続きしない方もやる気が湧いてきた

「今」が成長するチャンスです。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

次回は韓国語の読み方から母音、子音、パッチムについてまとめました。

覚える内容が盛りだくさんですが、一つずつゆっくり理解して

慣れていけば難しくないので一緒に頑張りましょう!

수고하셨습니다!スゴハショッスmニダ(お疲れ様でした!)

 

記事はいかがでしたか?
こちらは記事を読んで頂いた方に適した広告が表示されています。

 

スポンサーリンク



PR
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!